オフィシャルブログ

【奈良県葛城市で生理不順で悩んでいるなら不妊症専門で人気の鍼灸整体院 大和へ】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

From上田 勝也

 

奈良県橿原市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

 

 

生理がすぐ終わってしまう原因とは?

「最近生理がおかしいかも??」とお悩みの方もおられるのではないでしょうか?

一般的に生理が短期間で終わったり、月経血量が極端に少ないことは過短月経、過少月経と呼ばれています。

 

いろいろ考えられますが、ここではポイントを

①  卵巣、下垂体、甲状腺 ②ホルモンバランス ③循環(血流)に絞って説明して行こうと思います。

 

まず良い卵子ができない、無排卵という状況も含めて

【卵巣の機能低下、エネルギー不足】が考えられます。

卵巣から二つの女性ホルモン【卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)】が分泌されています。

 

卵巣の機能は脳下垂体が支配しており、【卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン】を分泌しています。

 

そして甲状腺から分泌される

【甲状腺ホルモン(サイロキシンとトリヨードサイロニン)】は、卵胞の成長に必要なホルモンなので十分な甲状腺ホルモンがないと卵胞の成長に影響し排卵が起こらなくなります。

 

一般的な治療として◯◯のホルモンの値が低いから薬、この時期は◯◯ホルモンが必要だから補充というのでいいのか?

Aの原因はB不足。だからBを足せばAが解決!といった単純な仕組みではなく

体はもっと複雑に違いが影響しあっています。

 

歪みや硬さ、栄養等の物質のものから、ストレス・感情等の非物質的なものまでが重なって、1つの生理が2日で終わるという状態が作られています。

 

感情の変化、ストレスの有る無しは自律神経、ホルモンバランスにも影響してきますから、

改善に向けて内臓・ホルモンの仕組み等を踏まえた上でメンタル面の改善も大切です。

シンプルに考えるならば、卵巣、下垂体、甲状腺へのアプローチ、ホルモンが運ばれるために、

全身の循環を良くすることも重要です。

 

このアプローチができるから大体の人が生理が5日間つずく状態に戻りました。

 

 

その「症状」を本気で治したいけど、忙しい!

そんなあなたのために

LINE@から無料相談24時間実施中!

 

奈良の膝痛・腰痛・不妊症・産後腰痛の痛みなら

お気軽にご相談ください。

↓↓

LINE@友達検索  @ziv8216d

 

http://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d

⬆︎

こちらをクリックして登録

 

365日24時間

LINE予約可能

 

いつでもお気軽にお問い合わせください

(もちろんLINE@登録のみでも大丈夫です(^^))

 

LINE@または

お電話 090-8194-7717

までお気軽にお問い合わせください!!

(施術中は基本留守番電話になっていますので

お名前・電話番号・ご希望の予定日時

をお入れください。

折り返しかけなおしてます)

 

住所 奈良県葛城市忍海105−9

近鉄御所線「忍海」駅から徒歩7分

 

受付時間 9:30〜7:00