オフィシャルブログ

【精子に問題が。精巣上体炎になるとどうなるのか?!】奈良県で不妊症で実績のある鍼灸整体院 大和

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

 

1、精巣上体炎とは?!

精巣上のあたりが細菌に感染して炎症を起こしている状態のこと。感染によって精子菅が塞がれてしまっている状態もおこります。炎症は見て分かります。そして歩いたり勃起しただけで痛みを伴う場合があります。症状がひどくなると男性不妊につながります。発熱や痛みが伴うので、男性にとっては辛い病気です。

 

2、繋がるのは・・・

精巣上体炎は放置しておくと感染が精巣にまで及んでしまいます。そうすると精子の元となる精細胞を殺したり、精巣の機能を低下させます。精索静脈瘤と重なって起こるケースも多く、乏精子症や無精子症など男性不妊につながります。

 

治療法は抗生物質による薬物療法です。炎症によって精菅が塞がってしまった場合は、精路再建手術や顕微授精を施す場合もあります。