オフィシャルブログ

【喫煙での妊活でのリスクとは?!】奈良県葛城市で不妊症で実績のある鍼灸整体院 大和

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

from上田勝也

皆さんなんとなーくタバコとお酒はダメなのは知っていますよね。なぜこの2つを控えたほうがいいのか分かりますか?具体的にリスクがあるのか把握できていない方も多くいるのではないでしょうか?

ここではなんとなくではなく、具体的にどんなリスクがあるのかお話ししていきます。

 

 

1、        喫煙:女性のリスクは?

○女性ホルモンを低下させる

タバコは体に入った瞬間から血管が収縮し、血の巡りが悪くなります。巡りが悪くなると女性ホルモンの代謝を低下させるので、生理不順や無月経の原因になることも多いのです。

また喫煙する女性は、喫煙しない女性に比べると閉経が早まることもあります。

 

血流が悪くなるので、卵巣に十分な栄養が届かず卵子の質が低下します。良質な卵子の成長を阻害します。また、タバコを吸うことで体内の活性酸素が増え、卵子を老化させるとも言われています。

タバコの影響で受精したとしても着床が妨げられてしまうことも多く起こってしまいます。

 

そして、妊娠したとしても流産や早産、低体重児出産の原因となってしまいます。タバコには良い影響は1つもありません。そして女性自身はタバコを吸わなくてもパートナーがすっていると副流煙により影響を受けてしまいます。

 

 

 

2、        喫煙:男性のリスクは?

精子の数、運動率を低下させてしまいます。喫煙をしている男性は、吸わない男性に比べていきている精子や精子の運動率、精子濃度が低い事が分かっています。1日20本以上のタバコを吸う方は奇形精子を増加させます。

 

 

ですから、夫婦で禁煙をしましょう!

 

禁煙は女性だけしても意味がありません。副流煙でも同じだけのリスクがあります。ですので夫婦揃って禁煙していただくことをお勧めします。

たとえ妊娠したとしてもタバコの影響は赤ちゃんに及んできます。

 

流産や早産、低体重児とリスクが増えるばかりです。タバコを吸っていて子供が欲しいと思っている人がいたら、まずは禁煙から始めましょう。