オフィシャルブログ

【不妊症に欠かせないホルモンについて】奈良県で不妊症治療で実績のある鍼灸整体院 大和

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

今日はホルモンについて考えていきたいと思います。妊活において、卵子などを作り、受精卵を受け入れる内膜を形成したりするためにホルモンが重要な役割をになっています。

 

ホルモンの生成にかんしては、ホルモンは一つ、一つの「細胞」から生まれてきます。細胞という「一つの箱」に「ホルモン」を作るための「部署」と必要な「材料」があります。

 

 

1、コレステロールについて

 

まず、箱の中には「コレステロール」という材料が必要です。コレステロールは、脂質の一つの遊離脂肪酸です。2~3割が体から取り入れられ、7~8割は「糖」や「脂肪」を使って「肝臓」などで合成され、その量は体内でうまく調整されます。

 

よくコレステロールは体に良くないと言われますが、「妊活」においては必要があることがわかりました。

 

 

2、ミトコンドリアから小胞体へ

 

コレステロールを資源として、「ミトコンドリア」でホルモンの合成が行われます。

そして、そのホルモンを今度は「小胞体」という器官で、生殖に使われるホルモンに「変換」していきます。

 

その際に必要なものが「鉄」です。これは重要なポイントになります。

 

女性においては、毎月の月経といわば、血液を外へ出している様なものですから、必然的に血液の成分る鉄分や貯蔵鉄であるフェリチンが低下する可能性が高いことが考えられます。

 

個人的な見解ですが、妊活において「ミネラル」を補充していくことはとても重要なことです。

 

 

3、ミネラルの補充について

 

現在人の食事においてビタミンやミネラルが不足していることは間違い和えいません。日常の食事で補うことができず、足りないビタミンやミネラルは他の方法で補わなくてはなりません。

 

 

4、体質改善ってどのくらいまでやればよいのか?

 

当院で妊娠された方の「妊娠までの日数」をデータ化してみました。

結果、30~120日までの間に陽性反応を授からた方が圧倒的に多いことがわかりました。

 

これは、卵が排卵するために血液の配給を受けて大きくなっていきますが、その血液の影響を受け始めるのが3周期半前からといわれています。

 

100日前後といえます。当院で陽性反応を頂かれた方の多くがその範囲に入っておられます。このことからも、様々な取り組みをしながら、一定の期間信じて進まれた方へ「何か」が起こっていくと皆さんを見ても実感しています。

 

出来ることを、具体的に取り組んでいくこと。そしてお一人で進まないことも大切だと思います。

私ができる限りサポートしていきますのでぜひ一緒に取り組んでいきましょう。