オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 不妊症

【不妊症に欠かせないホルモンについて】奈良県で不妊症治療で実績のある鍼灸整体院 大和

今日はホルモンについて考えていきたいと思います。妊活において、卵子などを作り、受精卵を受け入れる内膜を形成したりするためにホルモンが重要な役割をになっています。

 

ホルモンの生成にかんしては、ホルモンは一つ、一つの「細胞」から生まれてきます。細胞という「一つの箱」に「ホルモン」を作るための「部署」と必要な「材料」があります。

 

 

1、コレステロールについて

 

まず、箱の中には「コレステロール」という材料が必要です。コレステロールは、脂質の一つの遊離脂肪酸です。2~3割が体から取り入れられ、7~8割は「糖」や「脂肪」を使って「肝臓」などで合成され、その量は体内でうまく調整されます。

 

よくコレステロールは体に良くないと言われますが、「妊活」においては必要があることがわかりました。

 

 

2、ミトコンドリアから小胞体へ

 

コレステロールを資源として、「ミトコンドリア」でホルモンの合成が行われます。

そして、そのホルモンを今度は「小胞体」という器官で、生殖に使われるホルモンに「変換」していきます。

 

その際に必要なものが「鉄」です。これは重要なポイントになります。

 

女性においては、毎月の月経といわば、血液を外へ出している様なものですから、必然的に血液の成分る鉄分や貯蔵鉄であるフェリチンが低下する可能性が高いことが考えられます。

 

個人的な見解ですが、妊活において「ミネラル」を補充していくことはとても重要なことです。

 

 

3、ミネラルの補充について

 

現在人の食事においてビタミンやミネラルが不足していることは間違い和えいません。日常の食事で補うことができず、足りないビタミンやミネラルは他の方法で補わなくてはなりません。

 

 

4、体質改善ってどのくらいまでやればよいのか?

 

当院で妊娠された方の「妊娠までの日数」をデータ化してみました。

結果、30~120日までの間に陽性反応を授からた方が圧倒的に多いことがわかりました。

 

これは、卵が排卵するために血液の配給を受けて大きくなっていきますが、その血液の影響を受け始めるのが3周期半前からといわれています。

 

100日前後といえます。当院で陽性反応を頂かれた方の多くがその範囲に入っておられます。このことからも、様々な取り組みをしながら、一定の期間信じて進まれた方へ「何か」が起こっていくと皆さんを見ても実感しています。

 

出来ることを、具体的に取り組んでいくこと。そしてお一人で進まないことも大切だと思います。

私ができる限りサポートしていきますのでぜひ一緒に取り組んでいきましょう。

【1年間タイミングをとっているけど・・・。病院へ行くべき?】奈良県で不妊症治療で人気の鍼灸整体院 大和

「1年タイミングを取っても妊娠しないので病院を受診するべき?!」といったご相談があります。

 

1、    妊活して1年、病院に行った方がいいの?

 

1年間の取り組みでなかなか妊娠という結果にいたらない。

「何が原因なの?」という不安ばかりが募ります。

 

受診に対する怖さもあるのかもしれません。まずは①病院でできること②体作りで出来ること

 

を分けて考えていきましょう。

 

 

2、    病院にいくメリットってなんだろう?

 

病院では「西洋医学的な検査」と「処置(薬・生殖手術・手術)」を行います。

まずは検査だと思いますが、

 

検査を受ける事自体はご自身の今の状態を知るという上では大切な事だと思います。

 

ここからは私の考えになりますが、検査結果で何か異常を指摘された場合、

 

検査での異常=妊娠しにくい原因

 

と捉えるのではなく、

検査での結果を、身体を整えるためのきっかけにしてもらいたいのです。

 

 

病院で薬等の処置を進められる場合も多いと思いますが、

「その処置を処置しないことへのリスク」を聞いたうえで、大丈夫であるのであれば体作りから始めると良いのではないかと思います。

 

頂いた情報からお伝え出来ることとすれば、

・タイミング ・基礎体温がバラバラ

 

という点です。

 

 

3、    タイミングを見直すだけでも妊娠に至ることもある

 

タイミングですが、「排卵近くになったら1回だけSEXする」ということでしたら、

 

タイミングの取り方を変えるだけで妊娠する可能性があります。

 

卵子が排卵後より生き延びるのは24時間!

精子が射精後に生き延びるのはその2~3倍と言われています。

 

タイミングを取るのが遅すぎるという方が結構おられます。

 

排卵してからでは遅いので、気持ち早めにタイミングを取ることを試してみてください。

 

そしてタイミングを取り始めると義務的になり回数も減る傾向にあります。ベストタイミングの前に最低1回は射精しておくと、

・精子の質

・子宮内での精子の受け入れの面でも良いので、

 

生理が終わった後に、したい時に1度はSEXをすることをおすすめします。

 

 

4、    体温がバラバラの原因って?

 

あと体温がバラバラというてんですが、これは睡眠の質が下がっている傾向にあります。

 

なので、

①    朝日を浴びる

②    夕飯を早めの時間に、よく噛んで食べる

③    夜は出来るだけスマホを見ない

 

といった対策を心掛けてみてください。

【プチ断食が妊活に与える影響とは?】奈良県葛城市で不妊症で人気の鍼灸整体院 大和

1.何を始めるかよりも、何を断つかがとても重要

何かを始めようとするとき、「何を断つか」というのもひとつのやりかたです。

妊活に励まれていて、病院で原因不明といわれた場合は、生活習慣や食生活の中で無駄なものがあるはずです。

それを断つことができるかどうかが未来に子供の顔をみれるかどうか違いになってくることが多いのです。

 

私は妊活サポートをしていく中で、栄養のお話をしていくことがとても多いです。

 

栄養指導する理由としては現在人は『質的栄養失調』だからです。

 

質的栄養失調??と多くの方が思ったのではないでしょうか?

 

ダイエットする必要がある方もおおくおられますが、ただただダイエットをすればいいわけではありません。

現代人の多くの栄養の取り方はこんな感じです。

 

『低たんぱく+低脂質+高糖質+低ビタミン+低ミネラル』

 

栄養においてほぼ多くの栄養素が足りない状態。糖質だけが取りすぎになっています。

 

ダイエットをするのに食べ物を減らして痩せるとのちのちすぐにえらい目にあいます。

 

 

2.一緒に進める断捨離と妊活の関係

 

体の体質改善と一緒にプチ断捨離をすること。

 

体の改善と一緒に、

 

・部屋の模様替え・普段やらないところまで掃除をする・使わないでとっておいたものを捨てる・思い切って妊活の方向性を変える→やらないことを決める・パートナーに我慢している事をしっかり伝える→我慢を手放す

 

といった、事をお勧めします。

 

握っていたものを手放す良い機会になるんです。何かを手放す時に行うことは、

 

「自分はどれだけ持ち物を持っているんだろうか?」ということに気づくことになります。

 

「あっ、こんな物取っておいたんだ。」というように、

・いつの間にか、あれもこれも頑張りすぎていたな。

・〇〇に対してこんな感情を持っていたんだな。

 

ということに気づくんではないでしょうか!

 

ただ気づいても手放す勇気がなかったら、

「これ手放したら妊娠できないのでは?」

「これ伝えたら迷惑になるのでは?また心配かけるのでは?」

 

とおっしゃる方も非常に多かったんです。

 

 

3、止まることは怖いかもしれないがとても大切

 

それでも勇気を出して手放してみると、まず心配していたことはおこりませんし、逆にとてもすっきりして次に進もうって気持ちにもなります。

 

なにかを手放した時に急に体調がよくなったり、妊娠される方も少なくないんですね。

 

ご年齢を気にされてる方は「止まる」事が特に怖く感じると思います。

 

それでも、一旦「止まって、見つめる」事を定期的に行ってみてはいかがでしょうか?

 

見方が変われば気持ちにも変化ができてリラックスできますよ。

 

私たち整体師であり体を整えることだけが仕事だと思われがちですが、仲間と口をそろえて言っていることは、

 

私たちの1番の仕事は、妊活をされている方と、一旦立ち止まって心や環境を見つめて整理すること。

 

そして、「目標に向かってご自身やご夫婦の意思で妊活を歩むお手伝いをすること」

 

だということです。

 

妊活サポートを通して、私たちは今日お伝えしたことは、本当に大切だと感じている次第です。

 

季節の変わり目に、衣替えと一緒に気持ちを見つめて整理してみるのも良いでしょう!

 

【妊活と仕事、人生と働き方のお悩み(学校の先生編)】奈良県葛城市で不妊症治療で人気の鍼灸整体院 大和

妊活と仕事という面で悩み、苦しんでおられる方が多くおられます。仕事に関しては「続ける続けない」「働き方をどう変えるか」で、どうすればいいか悩んでおられる方も非常に多いです。

 

 

昨年から本格的に妊活を始めました。鍼灸や整体などをしストレスのない生活を心がけておりますが、まだ妊娠できていません。小学校で働いており、働き方で悩んでいます。

 

4月からは担任を持ちながら続けるか、他の役割を頂く働き方をするかで悩んでおり仕事と妊活の仕方でアドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

 

 

私もこれまで学校の先生で妊活されている方をサポートして来ましたが、本当に1日中子供たちや親御さんのことを考えておられていました。

 

そして担任を持つかどうかについて、妊活や妊娠のタイミングとの両立について悩んでおられました。

その方々の働き方と言いますと、担任を続けて妊活をされた方、副担任をつけてもらい妊活をされた方、担任を外れてつづけた方がおれました。

 

 

1、「妊活と仕事」「人生と仕事」を分けて考えてみましょう

 

サポートの中で相手の方と話をしたときに大切にしていたことは、

①妊活とは関係なく今後も自分はどう働きたいのか

②妊活と仕事という点でどうしていきたいのか

2つを分けて考えてもらうことです。

 

先々には妊活だけでなく子育てもあります。ご夫婦での生活もございます。サポートさせていただいた方とは、「ご自身の人生」としての仕事と家庭のバランスを一緒に考えました。すると実は、「妊活をしているから」おいうのはきっかけで、妊活とは関係なく働き方について「この先どうしよう」とずっと考えていたという方は少なくなかったのです。

 

妊活がきっかけとして、より自分事に感じてきたんだと思います。

 

 

2、「妊活と仕事」の両立について考えてみよう

 

①仕事とストレス

②不妊治療と仕事

というテーマに分けられると思います。

 

まずは「仕事とストレス」です。

「仕事のストレスが妊娠しにくい原因?」と思い始めると「ストレスを感じること自体がストレス」になってしまいますよね。ですが、ストレスを感じないことのほうが難しいですね。

 

それだけ目の前の出来事に真剣に取り組んでおられるんだと思います。大切になるのは、ストレスを感じながら頑張った自分をケアしたりストレスを忘れる時間を作ることだと思います。

 

そしてストレス自身は悪いものではなく、子育ても含めて「ストレスとの付き合い方」次第ではご自身の成長やかけがえのないものになります。

 

「仕事はしたい。でもストレスが妊娠によくないの?」とおもっている方は、ストレスとうまく付き合い充実した妊活ライフを送っていただきたい。「もう仕事自体のストレスに耐えられないし環境的に難しい」と思っている方は、退職したり働き方を変えることで大きなストレスを減らした方もいました。

 

 

そして「不妊治療と仕事」です。不妊治療は通院や、不妊治療自体でのストレスや不安に悩む事が多いと思います。そして経済面の不安です。続けたい仕事であったり、仕事自体に情熱を持っておられる方のほとんどは、私と話して頭を整理して、その思いを職場の方に伝えて応援をもらう方がほとんどでした。

 

その応援を元に自分がどうしたいのかを考えて、

【妊活と仕事、人生と働き方のお悩み(学校の先生編)】奈良県葛城市で不妊症治療で人気の鍼灸整体院 大和

 

妊活と仕事という面で悩み、苦しんでおられる方が多くおられます。仕事に関しては「続ける続けない」「働き方をどう変えるか」で、どうすればいいか悩んでおられる方も非常に多いです。

 

 

 

昨年から本格的に妊活を始めました。鍼灸や整体などをしストレスのない生活を心がけておりますが、まだ妊娠できていません。小学校で働いており、働き方で悩んでいます。

 

4月からは担任を持ちながら続けるか、他の役割を頂く働き方をするかで悩んでおり仕事と妊活の仕方でアドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

 

 

私もこれまで学校の先生で妊活されている方をサポートして来ましたが、本当に1日中子供たちや親御さんのことを考えておられていました。

 

そして担任を持つかどうかについて、妊活や妊娠のタイミングとの両立について悩んでおられました。

その方々の働き方と言いますと、担任を続けて妊活をされた方、副担任をつけてもらい妊活をされた方、担任を外れてつづけた方がおれました。

 

 

1、「妊活と仕事」「人生と仕事」を分けて考えてみましょう

 

サポートの中で相手の方と話をしたときに大切にしていたことは、

①妊活とは関係なく今後も自分はどう働きたいのか

②妊活と仕事という点でどうしていきたいのか

2つを分けて考えてもらうことです。

 

先々には妊活だけでなく子育てもあります。ご夫婦での生活もございます。サポートさせていただいた方とは、「ご自身の人生」としての仕事と家庭のバランスを一緒に考えました。すると実は、「妊活をしているから」おいうのはきっかけで、妊活とは関係なく働き方について「この先どうしよう」とずっと考えていたという方は少なくなかったのです。

 

妊活がきっかけとして、より自分事に感じてきたんだと思います。

 

 

2、「妊活と仕事」の両立について考えてみよう

 

①仕事とストレス

②不妊治療と仕事

というテーマに分けられると思います。

 

まずは「仕事とストレス」です。

「仕事のストレスが妊娠しにくい原因?」と思い始めると「ストレスを感じること自体がストレス」になってしまいますよね。ですが、ストレスを感じないことのほうが難しいですね。

 

それだけ目の前の出来事に真剣に取り組んでおられるんだと思います。大切になるのは、ストレスを感じながら頑張った自分をケアしたりストレスを忘れる時間を作ることだと思います。

 

そしてストレス自身は悪いものではなく、子育ても含めて「ストレスとの付き合い方」次第ではご自身の成長やかけがえのないものになります。

 

「仕事はしたい。でもストレスが妊娠によくないの?」とおもっている方は、ストレスとうまく付き合い充実した妊活ライフを送っていただきたい。「もう仕事自体のストレスに耐えられないし環境的に難しい」と思っている方は、退職したり働き方を変えることで大きなストレスを減らした方もいました。

 

 

そして「不妊治療と仕事」です。不妊治療は通院や、不妊治療自体でのストレスや不安に悩む事が多いと思います。そして経済面の不安です。続けたい仕事であったり、仕事自体に情熱を持っておられる方のほとんどは、私と話して頭を整理して、その思いを職場の方に伝えて応援をもらう方がほとんどでした。

 

その応援を元に自分がどうしたいのかを考えて、副担任をつけてもらう方もいましたし、担任を外れてその役割で頑張る方もいらっしゃいました。

 

やはり子供たちに「迷惑がかかるんじゃないか」と思いがある方がほとんどでしたが、それも含めて自分で決断していき、それにむかって応援をもらい、気持ちを切り替えて取り組んでいくことが大切だと感じています。

 

「迷惑なんじゃないか」「心配かけるんじゃないか」「逆にプレッシャーになってしまいそう」という不安を感じてしまうと思いますが、私がサポートさせていただいた方の中では、実際に分かち合いをするとそういった心配は起こることはなかったです。

 

そして、仕事と家庭の時間的な両立の不安は、妊活だけでなく、妊娠後や、子育てとこの先もずっと付き合うものです。

 

そして、もうご自身の中では答えが出始めているのではないでしょうか!アドバイスというよりも、話を誰かにきいてほしかったのかもしれませんね!

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和

↓  ↓  ↓

http://u0u0.net/bVJ6

 

奈良県で(橿原市にある)唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長の上田です。

あなたの不妊を改善するための知識とセルフケアをご紹介させていただいております。

 

薬に頼らず自然妊娠!不妊治療で悩んでいる方にオススメ

子供ができないのは受精障害だけではなく、着床できない。

流産しやすくなっているという点もあります。

 

あなたの夢と未来に笑顔をお届けする手助けができればと思います。

 

 

★すぐにできる妊活お灸【三陰交】

https://youtu.be/QUFmROmhCVE

 

★排卵日だけにセックスをしても効果が低い話

https://youtu.be/dPa9sbO8dQU

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長 上田勝也

HP: http://funin-yamato.fem.jp

LINE: https://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d

 

 

【ホルモンについて】奈良県葛城市で不妊症治療で人気の鍼灸整体院 大和

今日はホルモンについて考えていきたいと思います。妊活において、卵子などを作り、受精卵を受け入れる内膜を形成したりするためにホルモンが重要な役割をになっています。

 

ホルモンの生成にかんしては、ホルモンは一つ、一つの「細胞」から生まれてきます。細胞という「一つの箱」に「ホルモン」を作るための「部署」と必要な「材料」があります。

 

 

1、コレステロールについて

 

まず、箱の中には「コレステロール」という材料が必要です。コレステロールは、脂質の一つの遊離脂肪酸です。2~3割が体から取り入れられ、7~8割は「糖」や「脂肪」を使って「肝臓」などで合成され、その量は体内でうまく調整されます。

 

よくコレステロールは体に良くないと言われますが、「妊活」においては必要があることがわかりました。

 

 

2、ミトコンドリアから小胞体へ

 

コレステロールを資源として、「ミトコンドリア」でホルモンの合成が行われます。

そして、そのホルモンを今度は「小胞体」という器官で、生殖に使われるホルモンに「変換」していきます。

 

その際に必要なものが「鉄」です。これは重要なポイントになります。

 

女性においては、毎月の月経といわば、血液を外へ出している様なものですから、必然的に血液の成分る鉄分や貯蔵鉄であるフェリチンが低下する可能性が高いことが考えられます。

 

個人的な見解ですが、妊活において「ミネラル」を補充していくことはとても重要なことです。

 

 

3、ミネラルの補充について

 

現在人の食事においてビタミンやミネラルが不足していることは間違い和えいません。日常の食事で補うことができず、足りないビタミンやミネラルは他の方法で補わなくてはなりません。

 

 

4、体質改善ってどのくらいまでやればよいのか?

 

当院で妊娠された方の「妊娠までの日数」をデータ化してみました。

結果、30~120日までの間に陽性反応を授からた方が圧倒的に多いことがわかりました。

 

これは、卵が排卵するために血液の配給を受けて大きくなっていきますが、その血液の影響を受け始めるのが3周期半前からといわれています。

 

100日前後といえます。当院で陽性反応を頂かれた方の多くがその範囲に入っておられます。このことからも、様々な取り組みをしながら、一定の期間信じて進まれた方へ「何か」が起こっていくと皆さんを見ても実感しています。

 

出来ることを、具体的に取り組んでいくこと。そしてお一人で進まないことも大切だと思います。

私ができる限りサポートしていきますのでぜひ一緒に取り組んでいきましょう。

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和

↓  ↓  ↓

http://u0u0.net/bVJ6

 

奈良県で(橿原市にある)唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長の上田です。

あなたの不妊を改善するための知識とセルフケアをご紹介させていただいております。

 

薬に頼らず自然妊娠!不妊治療で悩んでいる方にオススメ

子供ができないのは受精障害だけではなく、着床できない。

流産しやすくなっているという点もあります。

 

あなたの夢と未来に笑顔をお届けする手助けができればと思います。

 

 

★すぐにできる妊活お灸【三陰交】

https://youtu.be/QUFmROmhCVE

 

★排卵日だけにセックスをしても効果が低い話

https://youtu.be/dPa9sbO8dQU

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長 上田勝也

HP: http://funin-yamato.fem.jp

LINE: https://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d

 

 

【妊活中、人と比べて落ち込んでしまう。そんな習慣を変えるには!】奈良県葛城市で不妊症治療で人気の鍼灸整体院 大和

「周りで妊娠や子供の話が多くて落ち込んでしまう」といったご相談があります。

私の経験の中で感じてきたことをアドバイスさせてただこうとおもいます。

 

 

1、不妊治療と人間関係のお悩みについて

 

働いている先では、みんなお子さんの話ばかり。いつもは普通に聞いているのですが、最近はその会話を聞くのも辛くなってきています。いつか私もこうなれるのか羨ましさで一杯になります。大丈夫な時は大丈夫で、辛いときはものすごく辛く、誰にも会いたくないと思ってしまいます。

 

 

2、辛くなってしまうのはなぜ?

 

一つ一つ、順番に整理をしていきましょう。

仕事=ストレスとなっているのか?!もし仕事がストレスになっているのであれば、どうすれば軽減できるのか、ストレスをストレスに感じるのを減らせるのか考えなくてはなりませんよね。

 

次は、

周りと比べてしまう自分の心境に疲れてしまった。いったん心を休めたい。気持ちがあるように見受けられます。

 

不妊治療も長くなり、不妊治療自体にも期待が持てないと思う一方、「妊娠への期待」と「一度気持ちを休ませてリセットしたいのでは?」と思う気持ちがあるのではと思う気持ちが強いのではないでしょうか。

 

自自分の中で頑張ろうとして外へ辛いと言えなくて、自分の頑張りや心境を「理解してほしい」というお気持ち、気持ちの中で「孤独感」を感じておられるときに辛くなってしまうのではないでしょうか。

 

もしあなたがそんな思いを抱えておられるのであれば、「その孤独感はどこからきているのか?」を一緒に考えたいなと思います。

 

 

3、不明確なものに向かって頑張っている「不安感」の正体

 

悩みの根っこには、「理解されない」といった孤独感と、不妊治療を長くされてきての、「もう自分には子供が授からないのでは。」といった未来への恐怖があるのかもしれません。

 

未来をどう描いたらいいのか分からなくなってしまっていますよね。

 

「今でも十分幸せ!子供がいるとさらに幸せ!!」という考え方をもつことも大切ですし、そこに目を向けてみることが難しいとは思いますが、「今自分がやっていることはとても意味がある」と思える目標に向かって、自信をもって歩むことが大切かとおもいます。

 

いまはそう思えない。不明確な目標に向かっている不安があるとは思います。

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和

↓  ↓  ↓

http://u0u0.net/bVJ6

 

奈良県で(橿原市にある)唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長の上田です。

あなたの不妊を改善するための知識とセルフケアをご紹介させていただいております。

 

薬に頼らず自然妊娠!不妊治療で悩んでいる方にオススメ

子供ができないのは受精障害だけではなく、着床できない。

流産しやすくなっているという点もあります。

 

あなたの夢と未来に笑顔をお届けする手助けができればと思います。

 

 

★すぐにできる妊活お灸【三陰交】

https://youtu.be/QUFmROmhCVE

 

★排卵日だけにセックスをしても効果が低い話

https://youtu.be/dPa9sbO8dQU

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長 上田勝也

HP: http://funin-yamato.fem.jp

LINE: https://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d

 

 

 

【卵胞が育たない。そんな悩みを抱えてる方へ】奈良県葛城市で不妊症治療で人気の鍼灸整体院 大和

すでに不妊治療をされていて「なかなか卵胞が育たない」といったお悩みをお持ちの方がおられます。

 

もともと生理不順があって3か月~半年ぐらい生理が来ないこともありました。その都度病院へ通い治療をおこなてきました。

 

妊活で病院に通い始めタイミング療法を行っておりました。はじめて7~8か月になるのですが排卵までされたのはそのうちの3回しかありませんでした。

 

 

先生からは注射治療に切り替えるほうがいいかもと言われており、費用が一回で1~2万円かかるのできんせんてきに迷っているとのこと。

 

さらに人工授精へステップアップすべきなのかとも悩んでいるとのご意見でした。

 

 

 

元々の生理不順、そしてそれに対しての治療をしているのになかなか状況が改善しない。

金銭的なこと以上に先の見えない治療への不安がとても強く感じられます。

 

 

「早く妊娠しなきゃ」と「思うように進まない治療」との間で、何を選択していけばよいのか迷いがうかがえます。

 

 

妊活において大切なことは、

①病院で行うこと

②自分でできること

をしっかり分けることです。

 

 

そうすることにより、頭の中が整理できて何のために、どこに向かっているのかが明確になるので、実際に治療方針は変わらなくても、体の変化が出ることが多くなります。

 

 

1、病院でできること

 

病院でできることは「検査と処置」です。

元々生理不順で数か月間生理が来なかったこともあったということでした。

 

生理が来ないということは、子宮や卵巣は休んでいる状態だと思います。

ですので病院では、

 

①ホルモン値の検査

②生理周期を維持する処置としての服薬

 

といった方針があります。

 

本当は卵巣を休ませたいけど休ませすぎると、機能も落ちてしまう可能性があることや、卵巣を含め、ホルモン治療での負担が積み重なる前に、早い段階で生殖医療の力を借りるという選択肢もあります。

 

ただ金銭的な負担も大きくなります。

生殖医療へのステップアップは「もっと先でいい」と思っていたけど、

結局「もっと早くトライしておけばよかった」と後悔された方もたくさん見てまいりました。

 

 

もうすでにご夫婦でお話をされているかもしれませんが、改めて、経済面やお体への負担も含めてお話しされて、検討されることをお勧めします。

 

 

もしかすると、ご自身が「頑張らないと」と思っていたり、ご主人様側は知識がなくてどう話したらいいのかわからなかったりといったことも大いにあり得ます。

 

ですので、妊活のカウンセラーや私たちの力を借りてご主人も一緒に妊活に取り組める環境を作ることが大切だと思います。

 

 

以上のように、医療と妊活という部分での、

 

①卵巣の機能を保つための処置

②一方で卵巣の負担が大きくならないうちにステップアップも視野にいれる

③一人で責任を背負わず夫婦で経済面も含めて今一度話し合う

④ご主人が自分の意見を言えるように専門家の力を借りる

 

といったことで頭の中の整理と、意思疎通を行えればと思うところです。

 

 

2、セルフケアや体作りでできること

 

体作りでできることは、

「子宮や卵巣へ栄養を送り届ける環境」をいしきすることです。

 

これは、医療での治療へのサポートにもなります。

医療に取り組むのであればなおさら大切です。

 

お薬でホルモンのサポートをしても、実際に卵胞を育てるためには血流に乗って卵巣に届いた「栄養」が必要です。

 

そのためには

①体に入るもの(食べるもの)を変えること

②体に入ったものを子宮や卵巣に届ける運動

 

がとても大切です。

 

(a)体に入るものを変える

 

妊娠に良い食べ物の情報やサプリメントの情報は沢山ありますが、特に大切なのは、

①タンパク質

②良質な油

③ビタミンミネラル

です。

 

野菜を中心にしっかりと!と思われがちですが、

しっかりお肉、お魚、卵等のタンパク質は接種するようにしてください。

 

 

そして油です。

油についてはホルモンにとても関係します。

 

油の取り方で卵子や子宮内膜の育ちにプラスの影響を与えてくれます。

 

 

②体に入ったものを子宮や卵巣に届ける

 

このことについては運動がメインになります。

 

特に、腰、骨盤、股関節を動かす運動をすることで、卵巣に血流を送る動脈が刺激されます。

 

ウォーキングがとても有効です。

 

そして、外に出ることによって太陽の光を浴びることで自律神経も整います。ご自身の生活に取り入れられる範囲で取り組んでいただけたらと思います。

 

またご自宅で行うのでしたら、ストレッチやヨガ、ピラティスもお勧めになります。

 

 

 

そして1つお伝えしておきたいことは、

7か月で3回排卵したとおっしゃっていましたが、ご自身の中では「4回は失敗で排卵しなかった」と感じているのだと思います。

 

でも排卵した周期の卵子は、排卵しなかった周期にもじわじわ育っていたものなんです。

 

ですので、1周期ごとに一喜一憂してしまうことは仕方ないと思います。ですが、必ず毎日の習慣が良い卵子を育てることに繋がっています。

 

 

未来への不安が大きいと思いますが、独りにならずできることがありましたら私たちにも応援させてください。

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和

↓  ↓  ↓

http://u0u0.net/bVJ6

 

奈良県で(橿原市にある)唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長の上田です。

あなたの不妊を改善するための知識とセルフケアをご紹介させていただいております。

 

薬に頼らず自然妊娠!不妊治療で悩んでいる方にオススメ

子供ができないのは受精障害だけではなく、着床できない。

流産しやすくなっているという点もあります。

 

あなたの夢と未来に笑顔をお届けする手助けができればと思います。

 

 

★すぐにできる妊活お灸【三陰交】

https://youtu.be/QUFmROmhCVE

 

★排卵日だけにセックスをしても効果が低い話

https://youtu.be/dPa9sbO8dQU

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長 上田勝也

HP: http://funin-yamato.fem.jp

LINE: https://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d

 

【喫煙での妊活でのリスクとは?!】奈良県葛城市で不妊症で実績のある鍼灸整体院 大和

from上田勝也

皆さんなんとなーくタバコとお酒はダメなのは知っていますよね。なぜこの2つを控えたほうがいいのか分かりますか?具体的にリスクがあるのか把握できていない方も多くいるのではないでしょうか?

ここではなんとなくではなく、具体的にどんなリスクがあるのかお話ししていきます。

 

 

1、        喫煙:女性のリスクは?

○女性ホルモンを低下させる

タバコは体に入った瞬間から血管が収縮し、血の巡りが悪くなります。巡りが悪くなると女性ホルモンの代謝を低下させるので、生理不順や無月経の原因になることも多いのです。

また喫煙する女性は、喫煙しない女性に比べると閉経が早まることもあります。

 

血流が悪くなるので、卵巣に十分な栄養が届かず卵子の質が低下します。良質な卵子の成長を阻害します。また、タバコを吸うことで体内の活性酸素が増え、卵子を老化させるとも言われています。

タバコの影響で受精したとしても着床が妨げられてしまうことも多く起こってしまいます。

 

そして、妊娠したとしても流産や早産、低体重児出産の原因となってしまいます。タバコには良い影響は1つもありません。そして女性自身はタバコを吸わなくてもパートナーがすっていると副流煙により影響を受けてしまいます。

 

 

 

2、        喫煙:男性のリスクは?

精子の数、運動率を低下させてしまいます。喫煙をしている男性は、吸わない男性に比べていきている精子や精子の運動率、精子濃度が低い事が分かっています。1日20本以上のタバコを吸う方は奇形精子を増加させます。

 

 

ですから、夫婦で禁煙をしましょう!

 

禁煙は女性だけしても意味がありません。副流煙でも同じだけのリスクがあります。ですので夫婦揃って禁煙していただくことをお勧めします。

たとえ妊娠したとしてもタバコの影響は赤ちゃんに及んできます。

 

流産や早産、低体重児とリスクが増えるばかりです。タバコを吸っていて子供が欲しいと思っている人がいたら、まずは禁煙から始めましょう。

【顕微授精の特徴】奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

from上田勝也

顕微授精は人工授精でも体外受精妊娠しなかった場合にとる方法です。ステップアップ法の中で最も妊娠の確立が高い方法で、どんなやり方でも妊娠が難しかった人にとって最後の希望ともいえます。

 

 

1、顕微授精って?

人工授精と途中までのプロセスは一緒です。卵子を取り出し、精子を取り出し元気な精子を選びます。そして元気のいい1匹の精子を取り出した卵子の中に直接注入し、強制的に授精させることができます。

 

無精子症や運動量の少ない精子や勃起障害など、男性不妊で行われることが多いです。女性の場合は原因不明の不妊であったり、体外受精をしても妊娠しなかった人が対象になります。

 

 

2、顕微授精のメリットとデメリット

メリットは他の治療法と比べて、70%と高い確率で授精ができることです。そして顕微授精は30万から50万円、場合によっては100万円と治療費がとても高いですが、自治体よっては助成金ができることです。

 

デメリットはやはり失敗したときの女性の心へのダメージがとても大きいことです。それに、他の治療法と比べたら経済的経済的負担も大きいですし、顕微授精を行う前までの治療法でかなり身体へのダメージが考えられます。そのことが15%という出産率に関係があるのかもしれません。

 

子供を授かるためにはいろんなアプローチがありますね。どんなやり方でも子供を授かるためにはいろいろなアプローチがあります。どんなやり方でも子供が欲しいお母さんたちのための有効な方法だと思います。

 

今の自分にはどの治療法がいいのかな?と考えてみるのもいいでしょう。

西洋医学ではない妊活が他にもたくさんあります。どれが効果的で効果がないか?!とは人それぞれなのででれがいいとは断言できません。

 

 

やーっと顕微授精で妊娠した!という人もいますが、顕微授精までしてダメだったのに体質改善と整体で妊娠した!なんて方もいます。肩を落とさずに自分に合うものは何か、不妊症の原因は1人1人違いますので自分に合ったオーダーメイドに妊活をしていきましょう

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和

↓  ↓  ↓

http://u0u0.net/bVJ6

 

奈良県で(橿原市にある)唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長の上田です。

あなたの不妊を改善するための知識とセルフケアをご紹介させていただいております。

 

薬に頼らず自然妊娠!不妊治療で悩んでいる方にオススメ

子供ができないのは受精障害だけではなく、着床できない。

流産しやすくなっているという点もあります。

 

あなたの夢と未来に笑顔をお届けする手助けができればと思います。

 

 

★すぐにできる妊活お灸【三陰交】

https://youtu.be/QUFmROmhCVE

 

★排卵日だけにセックスをしても効果が低い話

https://youtu.be/dPa9sbO8dQU

 

 

奈良で唯一の「不妊症」専門鍼灸整体院 大和-YAMATO-

院長 上田勝也

HP: http://funin-yamato.fem.jp

LINE: https://line.me/R/ti/p/%40ziv8216d