オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2018年12月

【奈良県葛城市にある不妊症専門整体院がお伝えする、“卵子の老化を緩やかにする方法”】

from上田勝也

奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

20170511-IMGP4891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橿原市の橿原神宮前駅から車で西へ20分ほど。香芝市の五位堂駅から南へ20分ほど走った所にある葛城市で独自の治療で不妊症で悩む多くの夫婦を助ける実績のある人気の整体院です。

奈良県で最短で成果と結果を出す不妊症専門の整体院です。

 

 

卵子は私たちがお腹の中にいるときから、生涯の卵子の数は決まっています。そしてそれ以上増えることはないので、減って行きます。そして卵子が加齢と共に減っていくのはまぎれもない事実ですが、卵子の老化の進行は大きく個人差があります。

 

 

・卵子は必ず減って老化していく

生まれた瞬間に女性が持っている卵子の数は約200万個です。200万個の卵子は厳密にいうと全て“原始細胞”と言われます。毎月約1000個ずつ原始細胞は消えて行きます。

毎月1000個の原始細胞のうち約20個くらいが卵子に成長して、その中でも大きくて質のいい卵子が1つだけ排卵されて後の卵子は消滅します。

 

毎月1000分の1個だけ卵子まで成長して失われて行きます。そして年齢とともに老化が進んでいくと、良質な卵子が作られなくなってきます。それでも毎月良質な卵子をオーディションを体内で行われています。質の良くない卵子でも、まだマシなものをピックアップして私たちの体は選びます。“今月は該当なし”ということで、生理がきたり来なかったりするんです。

 

高齢出産と言われる35歳からの出産は原始細胞が少なくなっている上に、質のいい卵子が出来上がらないから妊娠しずらいあるいは妊娠できないとまで言われています。

卵子は加齢と共に間違いなく減りますし、質も若いときと比べたら落ちます。卵子老化と言いますが、卵子老化は加齢だけでなく、生活習慣、食生活が大きく関係しますので、改善すれば、老化の進行状態を緩やかにすることでまだまだ妊娠はできますし、生活習慣の改善などでより健康的な妊活ライフが送れるでしょう。

 

卵子老化を緩やかにする方法を3つご紹介しようと思います。

 

 

1、     体を冷やしすぎない

女性は男性に比べ筋肉量が少ないため基礎代謝が低く冷え性になりやすいです。血の巡りをよくすることで免疫力や代謝を上げて、体内にある有害物質や老廃物をスムーズに排出しやすい体へとなります。

 

 

2、     タバコとお酒!

タバコやアルコールは活性酸素を活発にさせる働きがあります。活性酸素は非常に強い賛成の酸素になります。老化を促進したり、遺伝子を傷つけたりしてしまいます。お酒はほどよい量だとリラックス効果があるのですが、タバコは血液の巡りを悪くさせたり、卵子や精子が奇形になるリスクがあります。本当に子供が欲しいと望むのであれば禁煙することをお勧めします。

年齢と共に抗酸化作用は衰えてきますので、抗酸化作用の持つ食材を積極的に取るように心がけましょう。

 

 

3、     質の良い眠り

寝ている時間に成長ホルモンという物質が分泌されます。成長ホルモンがよく出る時間は“22時〜2時ごろ”になります。その時間の中で深い眠りに入っているように心がけるようにしましょう。

 

 

・精子は老化するのか?

結論から言うと、精子も老化します。男性は女性と違って毎日新しい精子は作られています。ですが間違いなく精子の質は加齢や女性と一緒で生活習慣や食生活で老化して行きます。

精子の濃度を高くしようと禁欲してしまうと、元気な生きのいい精子が減ってしまいます。むしろ禁欲をしないほうが元気な精子ができるのです。

 

男性も女性も老化して生きますし、老化することはとめれませんの緩やかにするために改善できる方法を考えて妊活ライフを楽しんでくださいね。

【奈良県葛城市にある不妊症専門整体院がお伝えする、”いつなら妊娠に近づく?妊娠のメカニズム”とは】

from上田勝也

奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

20170511-IMGP4891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橿原市の橿原神宮前駅から車で西へ20分ほど。香芝市の五位堂駅から南へ20分ほど走った所にある葛城市で独自の治療で不妊症で悩む多くの夫婦を助ける実績のある人気の整体院です。

奈良県で最短で成果と結果を出す不妊症専門の整体院です。

 

 

妊娠するには排卵日が必ず鍵となってきます。世界どこに住む人であろうと生理周期が30日であるとするならば、そのどこか1日が排卵日となります。ただ排卵日となる1日を見極めるのは大変難しいことです。

 

妊活で最初にチャレンジする事は、排卵日付近にセックスをすることです。不妊治療で言えばタイミング法と言います。そして、排卵日とは生理でもおりものでもなく、一番大きな細胞の卵子が卵巣の外に出て来る日のことです。

 

妊活中は自分の子宮や排卵のことをしっかりと知識を持っていただければ、時間もお金も有効的に使えるのでお話ししていきます!

 

 

・排卵日って?

排卵日は生理やおりものとは全く別物です。排卵日は1/30日のどこかで卵巣から卵子が出て来る日のことを言います。生理やおりものも排卵日を中心にして周期は作られていきます。

毎月私たちの体は妊娠するつもりで、妊娠の準備を行われています。

 

排卵日は、準備の最終段階で卵子が排出され精子を待ち、受精を待つのです。そして受精されなかったら、今まで準備していたことをもう一度リセットします。乱視は吸収されて、子宮内膜は生理とともに外へ排出されます。そしてまた新しく妊娠の準備を始めるサイクルです。

 

受精される前に行われる最終日が排卵日ということです。

 

 

 

・女性ホルモンって?

脳からの、今日から生理です!今日から排卵日です!など私たちの子宮は脳からの命令で動いています。ホルモンは、脳が指示したことを子宮に伝えてくれる郵便屋さんのような役割を持っています。ホルモンにはエストロゲンや黄体ホルモンなど色々ありますが、全部まとめて女性ホルモンと言います。

 

女性ホルモンが多ければ多いほどいいのか。というと、脳が言ったことを伝えてくれる係です。

なのでホルモンバランスを整えないといけないのは、脳の指示を伝えてくれないと、排卵も生理も来なくなってしまいます。

そして、排卵期になる時に分泌されるホルモンは“美のホルモン”と言われています。排卵日が近くなっているから、もっと美しくなって男性と仲良くなりなさい!体が変化しているのではないでしょうか。一番肌の調子がよかったりする時期だったりするので意識して実感して見てください。

 

ちなみに排卵当日だけセックスをするというのも耳にしますが、当日だけというのはオススメするやり方ではありません。

卵子は受精できる時間が約12時間と限られているんです。

そして精子も子宮内に入って72時間と時間が限られています。排卵日前から精子が子宮に待機しているのが理想なので、排卵日付近からセックスを楽しんでいただくかとが良いんです。

 

そして普段から排卵や生理がきやすい状態を体が作れるように巡視していて欲しいと思っています。排卵日は毎月決まった日にちに来ることは難しいです。いつなら妊娠しやすいのか?それは排卵日であることは承知の通りです。そして妊娠しやすい日は全員違います。まずは基礎体温測定からやって見て、自分の体のリズムを知ることが大切になります。

【奈良県葛城市で腰痛を改善できる整体院 “前に屈むと腰が痛い!犯人は脊柱起立筋と大臀筋”】

from上田勝也

奈良県葛城市にある慢性腰痛専門鍼灸整体院 大和

20170511-IMGP4891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葛城市で腰痛を得意とした整体院がある。最寄駅は近鉄御所線忍海駅になる。周りにか橿原市・香芝市・大和高田市・御所市がある。

鍼灸師の国家資格を持つ院長である鍼灸整体院 大和はどこに行っても治らなかった、腰の痛み、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、などが原因と言われる腰の痛みに対して多くの結果を出してきている。

 

 

日常何気なく生活していると、ふとある動作を取った時に腰が痛くて困ってしまったことはないですか?

 

 

前屈。前にかがんだ時に腰に痛みを感じた時はもしかすると

 

脊柱起立筋や大臀筋

 

が犯人かもしれません。

 

 

 

腰が痛いのに腰が原因じゃないの?って思った人もいるかもしれません。

 

 

痛いところが必ずも痛みの原因であることは少ないのです。

 

 

 

詳しくは↓   ↓

【奈良県葛城市で骨盤の歪みからの腰痛を改善する整体院】

よく巷で耳にする骨盤が歪んでいるせいで腰痛になりますよとは

どういった理由で起こる事なのかご存知でしょうか?!

 

 

普段何気なく気にする事なく生活していると見過ごしがちになってしまいやすい

骨盤の歪み。

 

 

骨盤は体の中心にあたる場所なので、

 

左右の高さが違ったり、

前後に捻れたり。

 

こうなってしまうと頭のってっぺんまで、

足のつま先まで

 

傾きや長さが変わってきてしまうことになります。

 

 

詳しいお話はこちらYouTube Preview Image

【奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院がお伝えする、“生理と排卵日の4つの周期”について】

from上田勝也

奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

20170511-IMGP4891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎体温の次は生理周期についてお話していこうと思います。生理って厄介に思われるとが多いですよね。でもそんな生理には、妊娠できる身体に整えてくれるとても大切な役割があります。

妊活について勉強しているといろんな周期を目にしますが、一番みじかな周期が生理周期になるのではないでしょうか。

1ヶ月のうちの大体これぐらいの時期には生理がくるなーとか予想がついたりしますよね。

 

生理がくる日を【月経期】と言います。この月経の他にも3つの周期があります。

【月経期】→【卵胞期】→【排卵期】→【分泌期】のサイクルで回っています。基礎体温や他の周期と違って出血があったり、イライラしたり悲しくなったり自分でも目で見たり感じたりできるのではないでしょうか。

 

また生理周期は女性ホルモンとも関係していて、私たちがより美しく女性らしく生まれ変わるためのホルモンが毎月必ず分泌されます。女性だけが毎月新しく生まれ変われる素敵な周期なのでぜひ自分の体で感じていただければと思います。

 

 

 

4つの周期とは?

 

【月経期】

まさに生理の周期に当たる部分です。受精ができなかった卵子、子宮内膜を排出される時期に当たります。排卵日に受精しなかったことで、使われなくなった子宮内膜が出血と一緒になって出てくるのが生理の周期になります。

受精しなかった卵子も、それによって着床しなかった子宮内膜も、また月経期には新しく生まれ変わるんで消滅します。また次の排卵の準備を始めて、次の卵胞期に入ります。

 

【卵胞期】

生理が終わり新しい卵子をたくさん作る時期のなります。増殖期に当たります。基礎体温と一緒に見ると生理が終わった後の低温期がこの卵胞期と言われる時期です。排卵日に卵子が卵巣から分泌されます。この時期はその卵巣の中で卵子になる前の卵子たち(卵胞のこと)を15個から20個程度を育てています。

そして卵子として成熟するのは1個だけになります。卵子と一緒に消滅させた子宮内膜を新しく準備してあげる時期にも当たります。次への排卵までの準備がとても活発になっている時期なのでたくさんの女性ホルモンが分泌されます。

 

【排卵期】

卵子を一つに絞って排卵させる時期がこの時期になります。卵胞期に成熟した1/20個の卵子が卵巣からでる時期です。この排卵期の一番体温が低くなった時のどこかで排卵が行われます。この時期と精子と卵子が出会えれば、受精卵となり次の周期で子宮内膜へと向かいます。精子は5日間は行きていると言われますので、この時期にセックスをするのが一番妊娠しやすいと言われています。

 

【黄体期】

受精した卵子が子宮内膜に到着するのを待つ時期です。黄体期は大体排卵が終わった後から月経が始まるまでの高温期のことです。排卵は終わっているので女性ホルモンがまた大きく変化するので、肌が荒れたり便秘など不調を感じることもあるようです。

この時期に着床しなければ、次の月経期で卵子と子宮内膜が身体の血液と一緒に排出されます。

 

この4つの周期を28日〜36日くらいのサイクルで体は繰り返しています。多少前後をすることはあるでしょうが大体リズムがあって毎月くるタイミングがあると思います。それは必ずしも生理不順や無月経症などにつながる悪いこととはありません。私たちの体は些細なことで変化します。

疲れたり、寝不足だったり、悲しいことが起きたりでも変化します。

 

ちょっとくらい乱れても思いつめないで頑張って行きたいですね!

【奈良県葛城市にある不妊症専門整体院がお伝えする“妊活デビューの最初のステップは基礎体温”について】

from上田勝也

奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

20170511-IMGP4891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎体温は妊活をするためにはまず1番に始められることです。

 

受精は排卵日に精子が卵子に到着することから始まります。その排卵日を予測するために基礎体温は大切な道しるべとなります。基礎体温だけで排卵したかは判断したり断言したりはできかねますが、お母さんになるためによりベストなタイミングで妊活するためには非常に役に立つ情報になりますので毎日記録をつけていってほしいのです。

 

 

 

1、     基礎体温の測り方

まずは体を動かしていない状態で図ることがベストとなります。朝起きてすぐの体を動かしていない状態で測るようにしましょう。

生活の中で中には忘れてしまうときもありますし、きっちり同じ時間に測ることはとても難しいです。気楽な気持ちでやって行きましょう。

 

 

2、     周期は?

基礎体温は2つの周期があります。体温が低い低温期と体温が高い高温期があります。この2つの周期はおおよそ2週間くらいで繰り返されます。2つの周期が切り替わるタイミングで排卵が起こるので、その切り替わるタイミングが妊娠しやすいタイミングだとわかりますよね。

 

低温期

低温期は基礎体温が低い周期のことです。体温が低い(=体温が低い)。低温期は生理とともに低温期を迎え、11日から24日くらい続くこともあります。平均気温の0.3〜0.5度くらい下がっている時期を低温期だと思いましょう。低温期の中でも特に体温が低いのが数日間続きます。数日間の中でも、もっとも低い時に排卵が起きます。ですからその数日間を把握できるようになれば、自分で妊娠しやすい日がわかりますね。一番体温が低い時を迎えられたらそこから3日くらい高温期を迎えます。

 

 

高温期

体温が高い周期のことです。(=代謝が高い)のでスポーツには最適ですね!ですが、ホルモンバランスの変化が大きい時期でもあるので、便秘や下痢、不調が現れる時期でもあります。排卵の後3日ほどで高温期を迎えます。高温期の平均体温は0.3〜0.5度ぐらい上がります。

高温期は生理が終わってから次の生理が来るまでの大体11日前後あります。基礎体温をつけることは妊娠したかがわかることではなく、妊娠しやすい日。すなわち排卵日の前後を知ることなのです。ですが体はとても些細なことで変化します。体調が悪かったり、睡眠不足だったり、お酒やタバコでも変化が起こります。

基礎体温は平均的な体のリズムが分かってもいろんな要因で変化が起こります。毎日基礎体温をつけないとプレッシャーになるとかえってストレスになります。毎日測ることが妊活でもありますが忘れても大丈夫と思うぐらいでいてください。

 

 

【奈良県葛城市にある不妊治療専門治療院がお伝えする、“タイミング法の特徴”】

from上田勝也

奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

 

 

 

 

 

 

 

日本では約47万人が受けていると言われている不妊治療。婦人科などで妊娠しにくいと判断された方が不妊治療に取り組まれます。不妊治療はいくつかの段階に分けられ、まずは軽い治療からスタートして行きます。

 

医療の力を借りる場合はステップアップ法といった方法をとって行きます。

タイミング→人工授精→体外受精→顕微授精と段階があります。簡単なものからだんだんと試して行き自分に会う方法を試して行くやり方になります。

 

その最初のステップが【タイミング法】になります。

 

 

 

  • タイミング法って何?

タイミング法とは、簡単に言うと「最も妊娠しやすいタイミングでセックスをすること」を言います。「最も妊娠しやすいタイミング」=排卵日を狙って指定された日にセックスを行う方法です。

 

そのためには基礎体温を測ることが前提となり、超音波検査やホルモン検査を行います。

卵子には制限時間があり24時間以内に精子と出会い受精させることがこの治療の目的になります。

 

自分で基礎体温を測りながら排卵日を予測してタイミング法を試みることは可能ですが、排卵日を予測させることが難しい時は、排卵誘発剤を使って妊娠率を上げる方法もあります。

 

 

 

  • どのくらいのペースで進めたらいいのか?

タイミング法は毎月の整理周期と排卵日に合わせて行います。毎月1回の排卵日を予測しながら、性交渉を行いその後に妊娠反応があるかを確認します。

妊娠反応がなければ大体半年から1年続けて行きます。それ以上続けてもタイミング法で妊娠できる可能性が低いと判断されると次のステップである人工授精に進む方もいます。

 

 

 

  • タイミング法の成功率は?

この部分に関しては個人差があります。1度で成功する人もいれば、何度も挑戦して成功する人もいます。中には何度挑戦しても妊娠できない人もいます。タイミング法を続けて行くと男性・女性ともにストレスに感じてしまうことも多くあります。1回目より2回目・・・。回数を重ねるごとに、だんだん成功率は下がって行きますし、卵子と精子の質が関係しますので、ただ治療を進めれば妊娠できるわけでもないのです。

 

母親になられる方自身の体質改善をして行く必要があります。自然妊娠という方法ではなくて、医療の力を借りて妊活をして失敗した場合も落ち込まなくて大丈夫です。治療にも相性がありますのがお母さんとなられる女性の体の状態が1番関係していきますので、決して悲観的にはならずに健康な子供を産めるように頑張っていきましょう。

 

【奈良県葛城市にある不妊症専門治療院がお伝えする、“アルコールで知っておくべきこと”】

from上田勝也

奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

 

 

 

 

 

 

 

タバコやお酒はなんとなくいけないのはご存知だと思います。なぜこの2つは控えておくべきなのか具体的にリスクを紹介して行こうと思います。

 

  • 飲酒のリスクは?

アルコールは体内に入ると肝臓で分解されます。アルコールの分解の時に、活性酸素が大量に発生してしまいます。この活性酸素は遺伝子を傷つけたり老化を進めたりしてしまいます。

 

アメリカ生殖学会では、1日2杯のアルコール摂取では不妊の割合が60%増加。と発表されました。一方では飲酒は不妊と関係がないという人もいます。

飲酒と妊娠の確率は化学的には判明していません。多くを飲酒してしまうとお母さんにも赤ちゃんにも何かしらの影響が出ますので自己責任で楽しんでくださいね。

 

  • やっぱり飲みたい

妊活中はやはりストレスも付きまといますよね。そんな時は少しぐらい飲んでも大丈夫です。ストレスを身体にかけてしまうことも活性酸素が活発になり身体にとっては良くありません。

 

お酒を飲むことによりリラックス効果もあるので、取りすぎない程度にほどほどにしてくださいね!

 

【奈良県葛城市にある不妊治療専門整体院がお伝えする、“喫煙の害について”】

from上田勝也

奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

 

 

 

 

 

 

 

皆さんなんとなーくタバコとお酒はダメなのは知っていますよね。なぜこの2つを控えたほうがいいのか分かりますか?具体的にリスクがあるのか把握できていない方も多くいるのではないでしょうか?

ここではなんとなくではなく、具体的にどんなリスクがあるのかお話ししていきます。

 

 

  • 喫煙:女性のリスクは?

○女性ホルモンを低下させる

タバコは体に入った瞬間から血管が収縮し、血の巡りが悪くなります。巡りが悪くなると女性ホルモンの代謝を低下させるので、生理不順や無月経の原因になることも多いのです。

また喫煙する女性は、喫煙しない女性に比べると閉経が早まることもあります。

 

血流が悪くなるので、卵巣に十分な栄養が届かず卵子の質が低下します。良質な卵子の成長を阻害します。また、タバコを吸うことで体内の活性酸素が増え、卵子を老化させるとも言われています。

タバコの影響で受精したとしても着床が妨げられてしまうことも多く起こってしまいます。

 

そして、妊娠したとしても流産や早産、低体重児出産の原因となってしまいます。タバコには良い影響は1つもありません。そして女性自身はタバコを吸わなくてもパートナーがすっていると副流煙により影響を受けてしまいます。

 

  • 喫煙:男性のリスクは?

精子の数、運動率を低下させてしまいます。喫煙をしている男性は、吸わない男性に比べていきている精子や精子の運動率、精子濃度が低い事が分かっています。1日20本以上のタバコを吸う方は奇形精子を増加させます。

 

 

ですから、夫婦で禁煙をしましょう!

 

禁煙は女性だけしても意味がありません。副流煙でも同じだけのリスクがあります。ですので夫婦揃って禁煙していただくことをお勧めします。

たとえ妊娠したとしてもタバコの影響は赤ちゃんに及んできます。

 

流産や早産、低体重児とリスクが増えるばかりです。タバコを吸っていて子供が欲しいと思っている人がいたら、まずは禁煙から始めましょう。

 

【奈良県葛城市にある不妊症専門院が教える、“体外受精の特徴”について】

from上田勝也

奈良県葛城市にある不妊症専門鍼灸整体院 大和

 

 

 

 

 

 

 

体外受精は、人工授精と混同されがちですが全く違う治療法です。40人に1人は体外受精で生まれてきた子供たちとも言われている時代です。

 

 

  • 体外受精って何?

体外受精はまず膣から卵巣に麻酔を使って、注射して卵子を取り出します。そして採取した生死の中でも元気な精子だけをピックアップして、身体の外で人工的に受精させます。

受精させた後はしばらくの間培養してまた子宮に戻す方法のことを体外受精と言います。

 

 

  • 女性の場合は!

卵管が閉塞している。子宮内膜症で卵子を卵管に運ぶ機能が損傷している。卵子の老化が進み妊娠の可能性が低い。35歳以上の女性であればクリニックによっては少し急ぎ足で体外受精へと進むケースもあります。

 

 

  • 男性の場合は!

乏精子症や精子無力症で生死が機能しない場合に適用される方法です。

 

 

  • 体外受精の成功確率は?

成功する確率は20%〜40%で個人差はもちろんあります。そしてクリニック自身の技術でも左右されるところなので、不妊治療を家から近いクリニックだからと選ぶのも時間とお金を無駄にしてしまう恐れがあります。

 

 

  • メリットとデメリット

メリットは直接受精させて培養させることができるので、タイミング法・人工授精などに比べると成功率は高くなります。

デメリットは麻酔を使ったり、直接子宮に針を使うので身体への負担が大きくなります。そして人工授精に比べて費用が高くつきますので、妊娠率は上がりますが失敗した時の心と身体のストレスは大きいことが考えられます。

体外受精の1回あたりの治療費は平均30万〜が相場になりますので経済的負担が大きいです。

不妊に悩む方にとって体外受精は子供を授かるためには重要な治療法でもあります。ご夫婦2人でしっかり話し合って決めてくださいね!

 

ホームページ

funin-yamato.fem.jp